ブルーイングの日記


   1月 17

弁護士に相談すると

交通事故の加害者になった場合被害者に対して交通事故の慰謝料を支払うことになります。その時相手との交渉によって相手の納得する金額で話がつけば示談成立となります。必ずしも弁護士などが必要というわけではありません。

ただ示談の場合は相手との交渉次第なので賠償金の金額は相場に基づかないものとなります。

示談金の交渉などは弁護士などは別としてそうでない人にとっては不慣れなもので上手く話を進めることができず金額などの問題が解決できず難航してしまうことにもなります。

そこで弁護士を探して弁護士に依頼することで交渉を円滑に進めることができますし、金額的にも有利になるように交渉してもらうことができます。弁護士を選ぶ手間はかかりますし、弁護士に支払う報酬も発生してきます。それを差し引いてもプロである弁護士に依頼することで交渉の結果が良くなり、自分で交渉をしなくてはならない負担がなくなる大きなメリットを得ることができます。


   1月 17

被害者ではなく加害者もあり得る交通事故

交通事故が発生した場合被害者と加害者の間で交通事故の慰謝料が発生します

交通事故にあうことは決して他人事ではなく自分自身の身にいつ起きてもおかしくないことです。もちろん自分が被害者になることもありますが、加害者になることもあるのです。

まずは交通事故の加害者にも被害者にもならないことが一番大切なことではありますし、そうならないために日頃から事故を起こさないように気をつけることは絶対に必要なことです。ですが万が一そうなってしまった時のためにしっかりとした備えをしておくことも大切なのです。交通事故の加害者になってしまった時加害者は被害者に対してその事故によって生じた損害を賠償する義務が発生します。ただ事故の賠償を全てその場になって自分で賠償しようと思っても金銭的な面でも簡単にできるものでないケースも多く存在します。その時のためにも最初からしっかり検討した上で保険などの備えをしておくことが重要です。


   1月 17

知っておかないと損する

交通事故にあうことは誰にでも起こりうることで被害者側にも加害者側にもなる可能性が充分あります。

交通事故が発生した場合慰謝料が発生しますが、交通事故の慰謝料についてあまりよくわからないという人も少なくないでしょう。ですが事故の被害者または加害者になった時知っておかなくては損をしてしまうことがたくさんあるのです。事故が発生した時その事故の状況をしっかり記録しておくことや相手の氏名や住所などの情報をすぐ収集しておくことさらに証人になってくれる人がいればその人に証人になってもらうことを依頼しておくことも必要です。また加入している保険会社は物損などの賠償が生じると過失割合を提示してきますが過去の判例などを調べることで提示してきたものが納得できる割合なのか判断することができます。

事故の直後でどうしても相手のいいなりになってしまいがちですが相手の言うことに全て従うのではなく自分で納得できる形で対応することが大切です。